ディズニー雨の持ち物や服装は?雨具やバッグに靴も徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
ディズニー雨の持ち物や服装は?雨具やバッグに靴も徹底解説

楽しみにしていたディズニー、雨が降るとなったらそれだけで少しテンションが落ちちゃいますよね。

なや美

楽しめることが減っちゃうのもツライけど、持ち物や服装に悩むのよね〜
持ち物がバッグごとびしょ濡れになるし、雨に強い靴なんて持ってないし…

けんさく

というか雨具って何を使えばいいの?
ディズニーは風が強いから、折り畳み傘とか吹っ飛んじゃいそう…

今回は、雨の日にディズニーに遊びに行く場合の持ち物や服装をご紹介します!

悩みがちな雨具・バッグ・靴選びのポイントもお伝えしていきますので、当日の天気が心配な方はぜひ参考にしてくださいね。

Charlie

しっかり準備をしておけば、雨のディズニーも楽しめますよ!

\ お泊まりなら雨の日も快適 /

目次

ディズニー雨の持ち物リスト

さっそく、雨の日のディズニーに持っていくべきものをご紹介します。

絶対に用意しておくべき必需品はもちろん、あると便利なものや、反対に雨の日には必要のないものもリストアップしましたので、当日の天気予報に応じてご活用ください!

ディズニー雨の持ち物【必需品編】

雨の日ディズニーの必需品はこちらです。

雨の日ディズニーの必需品
  • 雨具
  • カメラ用防水ケース
  • 大きめのタオル
  • 予備マスク

雨具

言うまでもないことですが、雨具は絶対に必要です。

雨具の中でも何がおすすめなのかについては後ほど詳しく解説しますね!

Charlie

ディズニーは急な天候の変化も多いので、お守りがわりに折り畳み傘を1本持ち歩いておくのもおすすめです…!

カメラ用防水ケース

精密機器は絶対に濡らしたくないですよね。

特にカメラは高額なので、なんとしてでも守りたいところ…

最近のカメラやレンズは「防塵防滴に配慮した設計」のものも多いですが、そうでない場合も、防水ケースで保護しておけば安心して雨の日ならではの写真が撮れるというメリットもありますよ。

大きめのタオル

大きめのタオルを持っておけば、屋内のアトラクションやお店の中に入ったときに、さっと水分を払えます。

けんさく

濡れたままでいたら風邪ひいちゃうもんね!
他のゲストに対する配慮にもなるしいい感じ〜

予備マスク

感染症対策や花粉症など、マスクをつけてディズニーを楽しむことも多いですよね。

マスクは高確率で雨に濡れるので、予備を用意しておきましょう!

Chariot

濡れたマスクで過ごし続けるのは不快ですよね…

Charlie

雨じゃなくても、スプラッシュマウンテンに乗るなら予備マスクあったほうがいいですよ〜!

ディズニー雨の持ち物【あると便利なもの編】

次に、雨の日にあると便利なものリストをご紹介します。

雨の日ディズニーにあると便利なもの
  • ジップロック
  • 大きめのビニール袋
  • 予備の靴下

ジップロック

ジップロックは天候に関係なくディズニーに持っていくと便利なのですが、雨の日はさらにありがたく感じますよ。

大きめのものであれば、濡れた折り畳み傘を簡単に畳んで入れてしまえます。

なや美

傘袋に入れるより圧倒的に手間なしね!!

さらに雨の日は湿度が高いので、ポップコーンが猛スピードで湿気てしまうんですが、ジップロックに入れて密閉してしまえば長くサクサク感を楽しめますよ。

このほか、濡れたお子様の服を持ち帰る際など、活躍する場面が非常に多いジップロック。

持ち歩くのにかさばらないのも大きなメリットなので、ぜひ持っていきましょう!

大きめのビニール袋

ジップロック同様に便利なのが、大きめのビニール袋。

家族全員分の折り畳み傘をまとめて入れたり、脱いだレインコートやレインポンチョを簡単に畳んで収納したり…

けんさく

アトラクションに並ぶ時はささっと行動したいよね!
簡単な収納方法で他のものを濡らさない工夫ができるのは助かる〜

途中で雨が上がって不要になったら、パーク内のトラッシュカン(ゴミ箱)に捨ててしまえるのもいいところ。

捨てる場合はトラッシュカンの容量を圧迫しないように、小さく畳むか圧縮して捨てるよう配慮できるとさらにいいですね。

予備の靴下

どんなに気をつけていても、うっかり水たまりを踏み抜いてしまうこと…大人でもありますよね。

靴下を濡らしてしまった場合、さっと履き替えられるよう、予備の靴下を持っておくと便利です。

Charlie

ディズニーランドやディズニーシーの床面って、思っているより凹凸が多いんですよね…
意外と深い水たまりができていることも多いのでご注意ください!

ちなみに雨のディズニーでは、ストッキングは不向きです!!

濡れると肌に貼り付いてきますし、簡単には履き替えられないので、雨の日にはおすすめできません。

ディズニー雨の日は持って行かなくていいもの

どうしても持ち物が多くなりがちな雨の日。

晴れのディズニーにはぜひ持っていきたいけれど、雨だったら必要ないものをご紹介しますので、持ち物整理にお役立てください♪

雨の日ディズニーには持って行かなくていいもの
  • レジャーシート
  • ポータブルクッション
  • 折り畳み椅子

レジャーシート

開園待ちやパレード待ちの際に便利なレジャーシートですが、濡れた地面に敷くのは抵抗がありますよね…

Charlie

雨の日はパレードや屋外のショーが中止になることが多いですし、キャンセルグリーティング(雨バ)は最前列から立ち見になります!

また、雨の日は開園待ちをするゲストも少なめです。

長時間地面に座り込むことがない雨の日は、レジャーシートは置いていっちゃいましょう!

ポータブルクッション

折りたたみタイプの座布団・ポータブルクッションは、レジャーシートと合わせてパレード待ちなどに使用することが多いグッズです。

先ほどのレジャーシートと同様の理由で、雨の日は活躍できる場面が非常に少なめ。

Chariot

ポータブルクッションはたたんだ状態でも結構大きいので、持ち物を減らしたいときは置いていきましょう!

折り畳み椅子

こちらも待ち時間を快適に過ごすためのグッズ、折り畳み椅子。

雨だろうと早朝から開園待ちをしたい場合は持っていってもOKだと思いますが、当然ながら地面に接している脚の部分は濡れてしまいます。

持っていく場合はできるだけ接地面積の少ないタイプのものを選び、濡れた部分をさっと拭いてしまえるよう準備をお忘れなく!

ディズニー雨の服装おすすめは?選び方のポイント2点

ディズニーにはおしゃれしていきたいけれど、雨だと不便なことも…

ここからは、雨の日ディズニーを楽しむための服装のポイントをご紹介します!

雨の日ディズニーの服装選び
  • 乾きやすい素材の服装を選ぶ
  • 撥水素材の上着を羽織る
  • 防寒対策ができる服装を選ぶ

ディズニー雨の日は乾きやすい素材の服装を選ぶ

どれだけ雨具でカバーしようとしても、雨の日はどうしても服が濡れてしまいます。

ポリエステルやリネンといった素材の服装であれば速乾性があるため、雨の日でも快適に過ごすことができますよ。

Charlie

素材だけでなく、色にも気をつけてくださいね!
白やベージュといった薄い色は汚れが目立ちますし、濡れると透けてしまうことも…

ディズニー雨の日は撥水素材の上着を羽織る

傘ではカバーしきれないものの、レインコートを着るほどではない…というレベルの雨ってありますよね。

そういう場合には撥水コーティングされた素材の上着を羽織ると便利です!

Chariot

フード付きの、パーカータイプがおすすめです!

ディズニー雨の日は防寒対策ができる服装を選ぶ

冬はもちろん、夏場であっても雨の日は防寒対策ができるようにしておきましょう。

雨に濡れた服装でクーラーの効いた屋内に入ると、とんでもなく寒い…なんてこともディズニーあるあるです。

けんさく

羽織ものは気温に合わせて現地調達でいいかなって思ってたけど、真夏だとあんまり売ってなかったりするんだね…

薄手のカーディガンは季節や天候に関わらず1枚持っておくと安心ですね。

ディズニー雨具おすすめ3選

雨の日ディズニーでは手放せない雨具。

傘をさすか、レインコートにするか…雨具選びのポイントをご紹介していきますね。

ディズニー雨具おすすめ①風に強い傘

雨の日ディズニーで最も多くの人が使用している雨具は定番の傘です。

ここで気をつけたいのが、傘の耐風性能…どれだけ強い風に耐えられるかというところですね。

Charlie

舞浜は海が近いので、風が強いことが多いんです!
コンパクトな折り畳み傘は持ち運びには便利ですが、風に耐えられなくて壊れてしまうかも…

折り畳み傘なら風にも強いものを選びたいですね。

長傘は強めの雨でも安心なのがメリットですよね。

ちなみにアトラクションを利用するときは、専用の傘置き場があったり足元に寝かせておいたりできます。

そのため想像しているより邪魔になることはないですが、途中で雨が止んだ場合に置き忘れることがないようご注意くださいね。

ディズニー雨具おすすめ②レインポンチョで荷物も守る

服や持ち物を濡らしたくない場合は、レインポンチョが一番便利です!

ショルダーバッグやリュックも全てカバーしてくれますし、ゆったりしているので動きやすいのもメリット。

なや美

小さい子がレインポンチョ着てると、シルエットが可愛すぎて和むよね〜

傘と違って手が塞がらないので、お子様と手を繋いで歩きたいときにも嬉しいですね。

ディズニー雨具おすすめ③ベビーカーカバーは必須

ベビーカーに乗った赤ちゃんと一緒に雨の日ディズニーを楽しむなら、ベビーカー用のレインカバーは必須です!!

雨はもちろん、舞浜の強い風からも守ってくれるので安心ですよね。

ただし夏場は蒸れやすいので、通気口のついたものを選ぶのがポイントになります!

ディズニー雨のバッグおすすめ2選

大事な持ち物を濡らさないためにも、雨の日のバッグ選びには気を使いますよね。

ここでは、雨の日ディズニーに便利なバッグ選びのポイントをご紹介します。

ディズニー雨のバッグおすすめ①ナイロン製や合皮のカバン

雨に濡れた場合でも、タオルでさっと表面を拭けば問題ない素材のバッグが一番安心です。

ナイロンや合皮、エナメルバッグなどなら手間なしですね。

Charlie

天候に関係なく、バッグの上はファスナーやボタンなどで閉まるタイプがおすすめです!
開いたままになるバッグは雨に濡れるだけでなく、アトラクション等で小物が落ちることがあるのでご注意くださいね。

ディズニー雨のバッグおすすめ②防水スプレーをかけておく

私はいつも、レザーのバッグに防水スプレーをして雨のディズニーに持って行っていますよ。

Charlie

晴れの日は布のバッグを愛用してるんですが、染みちゃったら大変なので…
レザーでも防水スプレーをしておけば、合皮同様に拭くだけでOKです!

防水スプレーは、買った直後に1回しただけでは効果が落ちてしまいます。

前日に持ち物を準備するタイミングで、忘れずにもう1回スプレーをしておきましょう!

ディズニー雨の靴はレインシューズ必須?

雨の日は、足元のコンディションが悪くなるのも気になっちゃいますよね。

長靴やレインシューズを用意したほうがいいのか、いつもの靴で耐えられるのか…雨の日ディズニーの靴選びについてお話ししていきます。

レイン用の靴はディズニーでは疲れやすい

私個人としては、雨の日ディズニーでレインシューズや長靴を履くのはおすすめできません。

Charlie

レイン用の靴は防水性が高い代わりに、靴底のクッション性が低くて硬いものが多いんです…
ディズニーではたくさん歩くので、足が疲れやすいんですよね〜

一方で小さなお子様の場合は長靴がおすすめ。

大人以上に、水たまりを踏み抜いてしまう可能性が高いですからね。

雨のディズニーで履き慣れた靴を履く方法

雨でもたくさん遊べるように、履き慣れた靴で行きたいと思う方も多いですよね。

私もこのタイプなので、いつもの靴に防水スプレーをして履いて行っていますよ。

Charlie

スプレーをしておけば、多少の泥はねも拭くだけで元通り♪

こちらのフラットシューズはクッション性が高く疲れにくい上に、ゴム底なので雨でも滑りにくいんです。

スニーカーを愛用している方には、靴用のレインカバーがおすすめですよ。

何も対策していないスニーカーだと、翌日になってもぐっしょり湿ったまま…なんてこともよくありますもんね。

ディズニー雨の持ち物や服装は?雨具やバッグに靴も徹底解説まとめ

今回は、雨の日にディズニーを楽しむための持ち物や服装について解説してきました。

けんさく

雨のディズニーも、服装や靴の準備次第で快適に過ごせそうだね!
バッグや靴に防水スプレーをしておくの忘れないようにしないとな〜

なや美

雨具で持ち物が増えちゃう代わりに、雨だからこそいらない持ち物っていうのもあったわね!

雨具は傘が定番ですが、レインポンチョであればバッグも中に入れてしまえるので、持ち物も雨から守ることができます。

雨のディズニーは面倒なこともあるものの、雨の日ならではの楽しみ方もできるんですよ。

しっかり準備をして雨の日ディズニーを満喫しちゃいましょう!

雨の日ならではの楽しみ方はこちらの記事も参考にしてくださいね。

\ 雨の日こそお泊まりで快適に /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ディズニー、旅行、美味しいものが好きな主婦。

TDL元キャストで推しはミニーちゃん♡
かなり昔に花の取れたミラコ嫁でもあります。

自分の好きなものを
たくさんの方に好きになってもらえるように
みなさまのお役に立てる記事をお届けします!

目次